AKB48の「チーム」って何?

AKB48グループのメンバーがテレビに出るとき、たまに「チーム○の誰それです」という自己紹介をすることがある。

 

たとえば「AKB48チームBの柏木由紀です」とか、「SKE48チームEの須田亜香里です」とか。

 

これってAKBを知らない人には、ちょっと疑問らしい。

 

「AKB48はわかるが、チームって何?」と。

 

実はAKB48は、チームごとに劇場公演を行っており、正規メンバーには「所属チーム」があるのだ。

 

宝塚歌劇団は、花組 雪組 月組 星組 宙組という5つのチームがあるが、それに似ている。


 

AKB48グループのチーム名の由来は?

AKB48は2020年現在、「A」「K」「B」「4」「8」という5つのチームがある。

 

それぞれ「チームA」、「チームK」と言う風に呼ぶ。

 

SKE48の場合は「S」「KII」(ケーツー)「E」という3つのチームがある。

 

NMB48は「N」「M」「BII」(ビーツー)という3チーム、HKT48は「H」「KIV」(ケーフォー)「TII」(ティーツー)の3チーム。

 

それぞれグループ名の3つのアルファベットを冠したチーム名だが、IIとかIVといった添え字がついているチームもある。

 

これは、グループ全体で同じアルファベットを用いるときに、区別するためにつけられている。

 

たとえばSKE48のチームKIIができたとき、AKBにはすでにチームKがあったため、IIを加えてKIIとなっている。

 

同じ理由で、HKT48も2つめのチームができたときに、すでにKを冠するチームが3つ存在していたため、チームKIV(ケーフォー)という名称になった。

 

因みにKを冠する三つ目のチームは、インドネシアのジャカルタのJKT48だ。

 

つまりチームが結成された順番に

  1. AKB48のチームK
  2. SKE48のチームKII
  3. JKT48のチームKIII
  4. HKT48のチームKIV

と言う風に、連番がついているのだ。

 

AKB48のチーム名に苗字がついているのはなぜ?

AKB風アイドル

 

また、チーム名に苗字がついている場合もある。

 

たとえば2020年2月現在のAKB48のチーム名は、

  • 岡部チームA
  • 込山チームK
  • 岩立チームB
  • 村山チーム4

というふうに表記されている。

 

この「岡部」「込山」「岩立」「村山」というのは、チームのキャプテンの苗字で、キャプテンが交代するとチームの苗字も替わる。

 

これは大阪難波のNMB48でも同様で、「川上チームN」「渋谷チームM」「小嶋チームBII」というに表記されている。

 

一方、SKE48では、苗字を付けずに「チームS」「チームKII」「チームE」のままで、HKT48も同様だ。

 

ではなぜ、チーム名に苗字を冠するようになったのか。

 

これは「組閣」(そかく)と呼ばれるチーム替えが行われ、それ以前のチームと、それ以降のチームを区別する必要が出てきたからだ。

 

そのため、最初にできたチームを「初代」と名付け、2009年に行われた組閣後にできたチームには、キャプテンの苗字を冠して区別することにした。

 

またそれまでは「チームA」と「Aチーム」という風に表記にバラツキがあったが、これ以降は「○○チーム○」という風に表記を統一するようになった。

 

一方、SKE48やHKT48でチーム名に苗字を冠しないのは、組閣と呼ばれるチーム替えをあまり行っておらず、チームの主力メンバーが異動していないため、歴代のチームを特に区別する必要性がなかったという事情がある。


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

売れてます