女性アイドルグループの変遷、昭和から平成へ

ふわふわアイドル

昭和生まれのオジサンにとってアイドルグループと言えば、キャンディーズピンク・レディーだ。

 

キャンディーズやピンクレディが活躍したのは、1970年代後半で、まさに昭和アイドルだ。

 

当時はキャンディーズやピンク・レディーの成功によって、2人組や3人組のアイドルグループが、雨後の竹の子のように誕生した。

 

キャンディーズの所属事務所(ナベプロ)では、2代目キャンディーズとして「トライアングル」という三人組アイドルを売り出したし、別の事務所ではピンク・レディーを真似た2人組アイドル「キャッツ★アイ」を売り出し、そこそこの人気があったね。

 

キャンディーズ メドレー動画

90年代以前は、ミュージックビデオは作られないのが普通だったので、テレビ番組です。


 

80年代の女性アイドルグループ模様

しかしキャンディーズが後楽園球場で解散コンサートを行い、ピンク・レディーも解散して80年代に入ると、個人の女性アイドルが人気を集め始めた。

 

松田聖子や中森明菜を筆頭とした、かわいこチャンアイドルが、荒井由実や井上陽水などのニューミュージック系アーティストから楽曲提供を受けて、大人気となった。

 

この頃は、小泉今日子、早見優、松本伊代など、多くの女性アイドルが人気になり「花の82年組」と呼ばれたりしたが、女性アイドルグループは人気が無かったね。

 

そのあとに登場したのが、1985年の「おニャン子クラブ」と派生ユニットで、そのあとはWink(ウインク)といった女性デュオが人気を博したくらいだった。

 

その後、第二のおニャン子クラブを狙う動きもあったし、少女隊やセイントフォーなど、大手芸能事務所が女性アイドルグループを売り出していたが、なかなか売れなかったね。

 

おニャン子クラブ ライブ動画

 

900年代の女性アイドルグループ模様

1990年代に入ると、東京パフォーマンスドール(TPD)が誕生し、ライブ活動を中心に行う女性アイドルグループが誕生した。

 

TPDはヒット曲に恵まれなかったが、フロントメンバーには篠原涼子、研修生には仲間由紀恵などが所属していた。

 

TPDに感化されて、大阪でも吉本興業が大阪パフォーマンスドール(OPD)という姉妹グループを立ち上げたが、大きな成功には結びつかなかった。

 

東京パフォーマンスドール 横浜アリーナ公演 動画

 

一方、女性アイドルグループとして人気を集め始めたのが、沖縄アクターズスクール出身の、スーパーモンキーズ(5人組)だった。

 

スーパーモンキーズは「TRY ME 〜私を信じて〜」という70万枚の大ヒット曲をだし、安室奈美恵がソロに転向したあとは、MAX(マックス)という別グループとして活動を続け、ヒット曲を連発した。

 

MAXはアイドルではなく、大人の女性グループとして売れた。

 

安室奈美恵withスーパーモンキーズ メドレー動画

 

そして1995年に登場したのが、沖縄アクターズスクールの後輩であるSPEED(スピード)で、小中学生の4人組でミリオンヒットを連発するという離れ業を見せた。

 

SPEED MVメドレー動画

 

 

そして1998年初めには、いよいよ、モーニング娘。がメジャーデビューする。

 

モーニング娘。は、1999年に「LOVEマシーン」をリリースし、これが164万枚を売り上げる大ヒットとなったことで、国民的アイドルグループの地位を得た。

 


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

売れてます